Members

MEMBERS


永井恒男

Neo Nagai

代表取締役CEO


1997年、Midwestern Sate UniversityにてMBA取得後、株式会社野村総合研究所に入社。経営コンサルタントとして10年活動後、2005年に社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げ、以後10年間事業を推進。
2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、代表取締役に就任。上場企業の社長・取締役に対して、経営者本人や企業のPurposeを再構築するプロジェクトを多く手がける。専門は経営者の意思決定支援とイノベーション。
特定非営利活動法人日本紛争予防センター(JCCP)理事。

丹羽真理

Mari Niwa

共同創業者 / CHO (Chief Happiness Officer)


国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。民間企業及び公共セクター向けのコンサルティング、人事部ダイバーシティ推進担当等を経て、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)に参画。
2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CHO (Chief Happiness Officer) に就任。社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。
特定非営利活動法人ACE理事。2018年8月31日に初の著書「パーパス・マネジメントー社員の幸せを大切にする経営」を出版。

後藤照典

Akinori Goto

COO


東京大学教育学部卒業。グロービス経営大学院修了(MBA)。
グロービスマネジメントスクール講師。
2006年(株)ベネッセコーポレーションに入社し、商品企画、販売・マーケティング、組織風土変革プロジェクト、人事などに携わる。企業に勤める傍ら、CTN岸英光氏の下にてコーチ・講師のトレーニングを受ける。「日本企業にパラダイムシフトを起こす」という志から、Ideal Leaders株式会社に入社。
人や組織の行動や結果を決めてしまう「見えない価値観の枠組み(=パラダイム)」を扱うコーチングを得意とする。

上野聡太

Sota Ueno

コンサルタント


明治大学卒業後、一般社団法人RCFに入社。復興支援をテーマにしたコンサルティング事業に従事の後、Teach For Japan、Learning for Allなどの教育系NPOにて事務局長を歴任。 2016年4月より独立し、株式会社トラノテを創業。 複数のNPOの立ち上げや資金調達・事業化支援、国内大手財団や大手広告代理店による社会的インパクトを目指したプロジェクトなどを主に手がける。
同時期より、コンサルタントとしてIdeal Leadersに参画。主にソーシャルイノベーション事業を担当。
2018年5月より、依存症回復をテーマにした株式会社ヒューマンアルバの取締役 副社長に就任。
Ideal Leadersとは異なるフィールドでの経験を活かし、他のメンバーとは異なる知見、経験からプロジェクトの成果の最大化に関わる。

稲墻麻子

Asako Inagaki

Engagement Manager


California State University Northridge、Cinema & Television Arts, Multimedia学科卒業。2008年アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.に入社。多数のB2C, B2Bマーケティングプロジェクトに従事したのち、同社広報部にて初のソーシャルメディア専任として従事。
2015年よりINA, Incチーフマーケティングオフィサーとして、主にソーシャルメディア、オウンドメディアマーケティングのコンサルティング、業務委託を提供。
2017年よりIdeal LeadersにEngagement Managerとして参画。インターナルコミュニケーションや、企業と顧客の結びつきを強める施策を主に担当。

藤田真理

Mari Fujita

コンサルタント


早稲田大学文化構想学部卒業。在学中、Universidad de Salamanca(スペイン)へ1年間語学留学。その後、感性を切り口とした開発教育を探究するため、University College Londonの教育大学院Institute of Education(イギリス)にてMA in Development Education and Global Learningを修了。年齢や社会的立場に関わらず、「頭と心と身体のフィット感のある学び」が多様な場面で創発されることに貢献したいと思うように。Ideal Leadersにて、2017年4月から12月までインターン後、2018年11月に初新卒社員として入社。

川本裕二

Yuji Kawamoto

共同創業者


ブルーフレーム・コンサルティング(株)代表取締役
早稲田大学大学院にて物理学専攻。大学時代に起業を経験し2001年野村総合研究所に入社。
経営コンサルタントとして事業戦略、新規事業創造のプロジェクト等に従事したのち、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)事業を推進し組織変革コンサルティングやナレッジ開発・人材育成を主幹。2015年4月、Ideal Leaders株式会社を共同創業。
2018年5月「ロマンとソロバンが好循環し続ける強い事業作り」「どの人も自身の特質を活かし & 仲間と補完し合う組織作り」というミッションに基づいてブルーフレーム・コンサルティング(株)を設立。
エグゼクティブコーチング、経営陣の対話、不確実下の意思決定と戦略立案、Purpose策定や風土改革、経営人材のリーダーシップ開発、リベラルアーツ教育等の実績多数。

茂木健太

Kenta Motegi

共同創業者


東京理科大学 工学部 電気工学科卒業。
2002年に株式会社野村総合研究所に入社。システム構築、システムコンサルティングに従事。CIOの補佐や、情報システム部門の組織・人材開発、業務プロセス改善、大規模Webサービスの企画などを経て、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)に参画。
2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CCO (Chief Co-creation Officer) に就任。
2018年4月、急成長するベンチャー企業向けに、組織・人材開発を提供するCo-Creations株式会社を設立し、代表取締役に就任。個人と組織が共進化し続けるために、最強の経営チームづくりから、戦略を実行できる組織・人材開発を提供している。
バリュー・ファクター認定ファシリテーター
共著で執筆「図解 CIOハンドブック」、「ITサービスマネジメントの仕組みと活用」。


PARTNERS

森田諒

Ryo Morita

コンサルタント


東京大学工学部システム創成学科卒業後、2006年野村総合研究所に入社。多数の組織変革プロジェクトに携わる。主なテーマは、エグゼクティブ・コーチング、経営陣ダイアログ、ビジョン共鳴活動など。「少数精鋭チームが世の中を変えていくのを支援したい」と思い、2015年4月フリーのコンサルタントとして独立。ベンチャー、NPOなどを対象にコンサルティングを実施している。

後藤拓也

Takuya Goto

コンサルタント


株式会社日本経済社(広告代理店)で企業・NGO等のコミュニケーション活動に従事。その後、Schumacher College大学院にてMSc取得。帰国後、チェンジ・エージェント社に入社。「システム思考」や「学習する組織」をベースにした人材開発や組織開発に従事。2015年5月より独立。「人の最高の可能性を拓く」というミッションに基づき、人が思考の枠や囚われから解放され、本来的に持つ可能性につながる関わりを得意とする。武蔵野大学しあわせ研究所の客員研究員も務める。