Purpose & Strategy Consulting

Purpose &
Strategy
Consulting

<パーパス&ストラテジーコンサルティング>

クライアント企業の真の存在意義の明確化と、その実現をサポートするコンサルティングサービスを提供しています。
事例を見る

Purpose Consulting

自社の真の存在意義とは何でしょうか?誰にどんな価値を提供しますか?
利益を上げることの「その先にある目的」を明確にし、組織全体への展開をサポートします。

・エグゼクティブ・コーチング
・組織のPurpose構築・展開
・経営・事業チームの合意形成支援
・組織風土の変革支援
ExSCO(エグゼクティブのためのパーソナルスタイリング)

Strategy Consulting

Purposeを「お題目」に終わらせない。自社のPurposeを実行に移すための戦略づくりや具体的アクションをサポートします。

・中期経営計画・事業戦略策定、実行支援
・リーダーシップ開発、人材育成
・人事制度変革・浸透推進
・働き方改革コンサルティング
・新規事業創造コンサルティング
・CSV、SDGsコンサルティング
・オープンイノベーション推進コンサルティング

アイディール・リーダーズのコンサルティングの特長

アイディール・リーダーズは「コーチング × 経営コンサルティング」「対 経営者 → 対 組織 への展開」を強みとしています。

コーチングとコンサルティングの融合

「経営コンサルティング・MBAスキル」と、
「人の自律性を引き出すコーチング手法や心理学」の
両面を活かしたセッションを提供可能です。

経営陣や組織全体への展開

経営陣の対話の場のファシリテーションやチームビルディング、
組織風土活性化、ビジョン策定・共鳴活動のご支援など、
経営者個人にとどまらず、
経営陣や組織全体の変革をサポートすることが可能です。

アイディール・リーダーズの考える「Purpose」とは?

Purpose(パーパス)とは、自分たちの存在意義のことです。「この組織は何のために存在しているか?」という問いに答える、シンプルな表現をPurposeと言います。Purposeがあることにより、組織においては一貫性のある戦略が描かれ、一体感が生まれます。また、Purposeに共感した社員が高いモチベーションでその能力と創造性を発揮することにより、大きな価値が生まれます。さらに、Purposeから生まれた商品・サービスが顧客の共感や支持を生み、それが売上利益となり、企業の持続的な繁栄をもたらします。Purposeには、「その組織の価値観」と「社会的な意義」が含まれている必要があります。しかし、「社会的な意義」については、多くの組織で具体的に表現されていないことが多いと私たちは考えています。自分たちが活動することで、世の中にはどんな良い影響があるのか?自分たちは世界のどんな課題を解決するのか?このような要素が入っていることが、Purposeにとって必要不可欠となります。

Purpose・行動指針(≒Value)・Visionの3つの関係

Purpose・行動指針(≒Value)・Visionの3つの関係Purpose・行動指針(≒Value)・Visionの3つの関係

アイディール・リーダーズ流
変革のプロセス

アイディール・リーダーズがオススメする変革のプロセスは下記の4つの流れです。

※ニーズに合わせて部分的にご活用いただくこともあります。

変革のプロセス

  • コーチングによる、トップのPurposeの明確化
  • Purposeの策定/浸透
  • Purposeを実現するためのミドルマネジメントの意識改革
  • Purposeを実現するための現場コミュニケーションの設計

1. コーチングによる、トップのPurposeの明確化

コーチングにより、経営者、経営メンバーのPurposeを明確化していきます。

※1回90分、全6~12回のセッションを2週間~1ヵ月おきに実施します。

Purposeの明確化のステップ

STEP 1
成功体験を語る
STEP 2
自分自身の強みを知る
STEP 3
将来のイメージを描く
STEP 4
Purposeを描く

2-1. Purposeの策定ワークショップの進め方

組織のPurposeをワークショップによって策定していきます。

※下記は、1.5日ほどのプログラムのイメージです

策定ワークショップのプロセス

STEP 1

チームビルディング

何でも話せる関係づくり、相互理解

STEP 2

現状の振り返り

現在の経営スタイル、意思決定、事業、組織風土等の振り返り

STEP 3

Purposeを作る目的・要件定義く

チーム内での目的・ゴールイメージの合意形成

STEP 4

自社の強みの発掘

自社の強みや大事にしてきたことの再発見

STEP 5

X年度のビジョン(ありたい姿)とPurposeの策定

「実現したい未来」「自社のPurpose」を描き、言葉にする

2-2. Purposeの浸透ワークショップの進め方

組織のPurposeをワークショップによって展開・浸透させていきます。

浸透ワークショップのプロセス

STEP 1

組織でPurposeを実践した事例を学ぶ

社史などを紐解き、Purposeに沿った事例をまとめる

STEP 2

各個人がPurposeを実践した体験を振り返る

これまでの仕事経験を、インタビューなどで振り返る

STEP 3

Purposeを実現する強みを発掘するく

自身の強みや大事にしてきたことの再発見

STEP 4

強みを活かした未来を描く

自身の強みや大事にしてきたことが最大限発揮されたらどんな未来が実現できるか

STEP 5

アクションプランを作る

強みを活かしてチャレンジングなアクションプランを作る

3. Purposeを実現するためのミドルマネジメントの意識改革

ミドルマネジメント(部長・課長)の意識を、スタディーツアーや対話をとして変革していきます。

意識改革のプロセス

4. Purposeを実現するための
現場コミュニケーション設計

ミドルマネジメント(部長・課長)が、現場社員と効果的なコミュ二ケーションを行うための、マインド・スキルを育成します。

ミドルマネジメント向け 1on1 トレーニング

STEP 1

メンバーを育成するマインドを育む

自分自身を振り返り、部下の育成に主体的になる

STEP 2

コーチングスキルを学ぶ

相手の自主性を引き出すコミュニケーションを学ぶ

STEP 3

フィードバックスキルを学ぶ

部下を伸ばす、伝え方の技術を学ぶ

STEP 4

コミュニケーションの実践&振り返り

現場で使ってみる → 集まって振り返る を繰り返し、身につけていく

Purpose Consulting
サービス実施実績

エグゼクティブ・コーチング
・化学:経営者、取締役
・半導体、電子、精密機器:経営者、取締役
・エンタメ:経営者、役員、事業部長
・非鉄金属:経営者
・不動産:経営者
・外食:経営者
・サービス:経営者
・インターネットサービス:役員、部長
・消費財:役員、部長
組織のPurpose構築・展開
・情報サービス:全社ビジョンの構築
・不動産:部門ビジョンの構築
・外食:CIの再構築
・エンタメ:全社ビジョン合宿
経営・事業チームの合意形成支援
・消費財:取締役、部長の一枚岩化
・エンタメ:経営陣の一枚岩化
・化学:取締役会支援
組織風土の変革支援
・食品:組織活性化
・不動産:役員・部長層の未来志向化
・情報サービス:1on1導入支援

2015年4月〜2018年3月実施案件(一部) ※いずれも一部上場企業、業界大手企業の事例を掲載

Strategy Consulting
サービス実施実績

中期経営計画・事業戦略策定、実行支援
・食品:中期経営計画策定
・エンタメ:全社戦略策定支援
・消費財:事業戦略策定支援
・消費財:チーム活性化と業務プロセス改革
リーダーシップ開発、人材育成
・不動産:次世代事業リーダー育成プログラム
・情報サービス:次世代事業リーダー育成プログラム
・不動産:リーダー層の課題発見・解決策実践プログラム
・地方自治体:リーダーシップ研修
・食品:多様性を活かすチームビルディング
・食品:シニア人材育成プログラム
人事制度変革・浸透推進
・インターネットサービス:人事制度変革
・情報サービス:新人事制度浸透推進
働き方改革コンサルティング
・教育:働き方改革ワークショップ
・情報サービス:働き方改革対話会

2015年4月〜2018年3月実施案件(一部) ※いずれも一部上場企業、業界大手企業の事例を掲載