米国ギャラップ社「熱意あふれる社員」の割合調査

米国ギャラップ社「熱意あふれる社員」の割合調査

日本では6%しか「熱意にあふれる社員」がいない!?

 

 

“組織のエンゲージメントを測るツールとして、米国のギャラップ社が実施している「エンゲージメント・サーベイ」があります。

そのギャラップ社が全世界1300万人のビジネスパーソンを調査し、導き出したエンゲージメントを測定するたった12の質問が「Q12(キュー・トゥエルブ)」です。

この調査によると、日本企業はエンゲージメントの高い「熱意あふれる社員」の割合が6%で、米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位レベルでした。”

この状況、皆さんどう思われますか?

詳しくはこちらから。

 

私たちはこういった現状を全てのステークホルダーが「健康で幸福な状態」を目指す経営を指すウェルビーイング経営よって変革していけると考えております。実際に社員の幸福度が向上すれば、業績や生産性の向上、離職率の低下に繋がることが、その他各研究でも実証されています。

ウェルビーイングについての記事はこちらから。

CHOとはChief Happiness Officerの略であり、役割は従業員の幸福度に着目しながらエンゲージメントを高め、モチベーションを高め、パフォーマンスを向上させ、企業成長に貢献することです。以下の記事ではCHOの歴史や事例について紹介しております。

ウェルビーイング経営を促進するCHOとは?の記事はこちらから。

関連ブログ

毎日の仕事の中で自分の強みを発揮する機会がありますか?
みなさんの上司が、まず自身の強みに着目していると感じますか?
上司との1 on 1ミーティングでのフィードバック
パーパス・マネジメントのメリット① 働き手から選ばれる会社になる
パーパス・マネジメントのメリット②顧客から選ばれる会社になる
パーパス・マネジメントのメリット③イノベーションを生み出す
パーパス・マネジメントのメリット④好業績を生み出す
Purposeを見つけるためには?
Biz/Zine様にてCHO丹羽の連載が始まりました〜Purposeを起点とした新しい経営〜
Biz/Zine様での連載第2回が掲載されました〜Purposeを起点とした新しい経営〜

 

 

 

 

 

 

 

■お問い合わせ

info@ideal-leaders.co.jp
仕事における幸せ、パーパス・マネジメントに関してさらに詳しく聞きたい、自社でどのように展開できるのか知りたい、などございましたらお気軽にお問い合わせください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。