Executive Coaching

Executive
Coaching

<エグゼクティブコーチング>

エグゼクティブコーチングとは、経営者の意思決定や行動の質の向上をサポートするサービスです。
コーチングセッションを通じて、経営者自らが答えを見つけることをご支援します。


なぜ、エグゼクティブコーチングが有効なのか?

すべてのことに対して解を持っている経営者はいません。
また、多くの場合、経営者としての能力は経営者になってからしか身につきません。
経営能力を高めるためには、トライアンドエラーを重ねたり、煮え切らず逡巡している自分に気づくことが重要ですが、そのような姿は社内の人には見せられない・・・

そのような時に有効なのが、エグゼクティブコーチングです。

活躍しているスポーツ選手にプロのメンタルコーチがいるように、常に難しい意思決定を迫られる経営者にも、思考や意志を支えるプロフェッショナルが必要なのではないでしょうか。

1990年代から、メンタルコーチの役割をビジネスの世界でも活用する動きが始まりました。
アメリカとイギリスおよびそれらの影響が強い国では、多くの経営者にプロのコーチがついています。世界のビジネスリーダーは日常的にエグゼクティブコーチングを活用し、意思決定や自己研鑽のサポートを受けています。日系企業においても、本社の経営陣も受けていないエグゼクティブコーチングを、欧米拠点において支社長が活用しているケースは多くあります。

ご参考:

アメリカでは、CEOの3割以上、シニアエグゼクティブの5割以上が、外部のコーチによるコーチングを受けていると回答。

あなたは、外部のコンサルタントやコーチによる
コーチング又はリーダーシップに関するアドバイスを受けていますか?

出所:2013 Executive Coaching Survey(スタンフォード大学経営大学院等による調査、N=203)

※対象者の属する企業の売上高は、5億円未満46.9%、5-10億円13.3%、10-50億円17.2%、50-100億円5.9%、100-200億円4.9%、200億円以上11.8%

コーチングセッションでは、経営者が課題であると考えているテーマについて、コーチとの対話を通し、深く考えを巡らせていきます。コーチは経営者が持っている内発的な想いが引き出されるよう、様々な角度から質問をしていきます。
このような関わりの中で、経営者は自らの置かれている現状を客観的に認識したり、自らが大事にしている価値観や目指したい方向性を改めて見つめ直したりすることで、テーマに関して答えを導き出すことができます。

エグゼクティブコーチングにより、経営者は経営能力を更に高めることが可能となるのです。


アイディール・リーダーズだからできること
〜当社のエグゼクティブコーチングの強み・特徴

① コーチング×コンサルティングの融合

豊富な経営コンサルティング経験があり、自社の経営も行っているコーチが担当します。
コーチングとコンサルティングの両面を活かしたセッションを提供可能です。

② 経営陣や組織全体への展開

エグゼクティブコーチングにおける経営者個人の変化にとどまらず、そこから経営陣や組織全体への変革の展開を一気通貫でサポートすることが可能です。

  • 経営陣の一枚岩化、意思決定の対話(経営陣合宿)
  • ビジョン策定・共鳴活動
  • 中期経営計画策定、実行支援
  • 組織風土改革
  • 次世代経営者育成   など

当社が提供するエグゼクティブコーチング・プログラム

アイディール・リーダーズでは、下記の内容・進め方でエグゼクティブコーチングをご提供しています。

コーチングのテーマ

多くの経営者は、「緊急ではないが重要なテーマ」について、コーチングセッションの中で扱います。
例えば、下記のようなテーマです。

ニーズに応じて上記以外の様々なテーマについても扱うことが可能です。

コーチの関わり方

コーチは、経営者に対して様々な視点から質問を投げかけ、経営者が普段考えないような考え方で思考をめぐらせることを促します。
コーチは、経営者の意思決定や行動変容のプロセスを共にする「伴走者」となります。

具体的には、以下のような関わりが挙げられます。

  • 経営陣の一枚岩化、意思決定の対話(経営陣合宿)
  • 経営者自身の価値観や志を引き出し、可視化する
  • 経営者の持つ前提や思い込み(メンタルモデル)を共に発見し、客観視する
  • 社内外を調査し、考えるための情報を提供する
  • 頭の中を整理し、優先順位を明確にする

主な担当コーチ

永井恒男Neo Nagai

1997年、Midwestern Sate UniversityにてMBA取得後、株式会社野村総合研究所に入社。経営コンサルタントとして10年活動後、2005年に社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げ、以後10年間事業を推進。
2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、代表取締役に就任。上場企業の社長・取締役に対して、経営者本人や企業のPurposeを再構築するプロジェクトを多く手がける。専門は経営者の意思決定支援とイノベーション。
特定非営利活動法人日本紛争予防センター(JCCP)理事。

丹羽真理Mari Niwa

国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。民間企業及び公共セクター向けのコンサルティング、人事部ダイバーシティ推進担当等を経て、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)に参画。
2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CHO (Chief Happiness Officer) に就任。社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。
特定非営利活動法人ACE理事。2018年8月31日に初の著書「パーパス・マネジメントー社員の幸せを大切にする経営」を出版。

後藤照典Akinori Goto

東京大学教育学部卒業。グロービス経営大学院修了(MBA)。グロービスマネジメントスクール講師。2006年(株)ベネッセコーポレーションに入社し、商品企画、販売・マーケティング、組織風土変革プロジェクト、人事などに携わる。人や組織の行動や結果を決めてしまう「見えない価値観の枠組み(=パラダイム)」を扱うコーチングを得意とする。Ideal Leaders入社後は、上場企業やベンチャー企業の経営層向けのエグゼクティブコーチングや、管理職向けの意識変革研修、1on1導入研修を多数実施。

その他のアイディール・リーダーズのメンバーについてはこちらよりご覧ください。


ご利用いただいた方の声

アイディール・リーダーズのエグゼクティブコーチングをご利用いただいた方々からは、コーチングを受けたメリットとして以下のような声をいただいています。

お客様の声※肩書は取材当時

フリュー株式会社
(東証一部上場)
取締役会長
田坂吉朗さま

「かつては戦略コンサルを使ってきたが、モチベーションや組織の観点から、戦略を実行できませんでした」

「定期的なコーチングは、普段考えられないことを考える時間にあてています」

「アイディールさんは、チームビルドも含めて、モチベーションを高めることをしてくれるから、実行が可能になります」

「戦略は分かっているのに実行ができない組織にお薦めです」

グリー株式会社
取締役 執行役員常務
秋山仁さま

「アイディールさんのコーチングによって、私はプロデューサーからリーダーにトランスフォームしました。」

全役員にコーチングを実施することで、私の部署だけではなく、他の部署でも組織全体のパフォーマンスが上がりました。

「常に伴走してもらうことが理想ですが、リーダーとしてステージが変わる節目には特におすすめです。

「アイディールさんもベンチャーとして頑張っている点に共感します。」

一部上場企業
(不動産)
代表取締役社長

「アイディール・リーダーズのコーチングは、大半が自分自身の考えを整理する時間です。また、「自社の強みは何か?」など、自社を客観的に見ることができる貴重な時間になっています。」

「コーチングを受ける中で、それまで「経営の問題だ」と捉えていたことを自分自身に引きつけ、「自分が関りを変えなければいけない」と思い直すことができました。」

大きな意思決定の多くにアイディール・リーダーズのコーチングが関わっていると言っても過言ではありません。」

さらに、アイディール・リーダーズのエグゼクティブコーチングを知りたい方はこちら

関連記事

・PRESIDENT Online(連載・全5回)

【連載】 実録!誌上エグゼクティブコーチング

・ITmediaビジネス

既存のコーチングとは何が違う? アイディール・リーダーの考え方

先の見通せない時代、リーダーに必要な3つの要素とは


Exective Coaching
サービス実施実績

いずれも一部上場企業、業界大手企業の事例

化学
経営者、取締役
医薬
経営者、取締役
エンタメ
経営者、役員、事業部長
非鉄金属
経営者、役員
不動産
経営者
外食
経営者
サービス
経営者
ガラス・土石製品
経営者
ベンチャーキャピタル
経営者
インターネットサービス
役員、部長層
消費財
役員、部長
卸売
取締役
半導体、電子、精密機器
役員
食品
部長、リーダー
医薬
部長
精密機器
部長

2015年4月〜2019年8月実施案件(一部)