グリー株式会社 カルチャー推進チーム様 Purpose Workshop

グリー株式会社 カルチャー推進チーム様
Purpose Workshop

グリー株式会社

グリー株式会社

ご依頼の背景

グリー株式会社様ではカルチャー推進チームのチームビルディングのため、Purpose Workshopを実施させていただきました。
カルチャー推進チームは、新しく組成されて約半年、チームのビジョンと各個人のやりたいことの共鳴度合いは高いにもかかわらず、お互いが遠慮しあう雰囲気を拭えずにいました。チームとして、ビジョンの実現に邁進していくためにも、お互いのことをより良く、そして、深く知る必要がありました。
これまでも、チームメンバーとマネージャーの1on1などは積極的に実施してきましたが、今回はチームメンバー同士のつながりをつくることを重視しました。

<取り組み内容>

このような背景の中、チームのオフサイトミーティング前半部分にて、Purposeワークショップを実施しました。本ワークショップでは、3つのワークに取り組むことで、相互理解を深めていきました。

①価値観リスト

50個以上の言葉からなる「価値観リスト」を使って自分の価値観にぴったりなキーワードを3つ見つけていきます。

②ディスカバリーインタビュー

ペアになり、1人40分の「ディスカバリーインタビュー」で自分の体験を語り、もう40分で相手のストーリーに耳を傾けます。

③Purposeステートメント

2つの方法で掘り下げた自分の価値観や強みを自分のPurposeとしてまとめていきます。言葉だけでは言い表せないことは、Purposeをお絵描きすることで表現します。

今回はチームビルディングを目的としていたため、②ディスカバリーインタビュー内容の全体共有に時間をたっぷりと割きました。また、共有方法も一工夫。自分がインタビューした相手の価値観や強み、考え方を他己紹介形式で共有しました。

<私たちが行ったこと>

ワークショップの目的に合わせたワーク設計に加え、当日はチームメンバーが自身について内省し、お互いの思いに傾聴できるよう、サポートしました。

<結果>

チームビルディング

お互いが何を大切にしたいと思っているのかを共有することで、余計な遠慮をすることなく本音で議論ができるようになりました。また、お互いの強みだけでなく、弱みも共有することでチームとして、サポートし合うことが自然にできるようになりました。

個人の自己理解

一人ひとりが、自分のPurposeを掘り下げることで、自分自身
も気づいていなかった価値観や強みを発見することができました。

次回は、お客さまの声として、カルチャー推進チーム マネージャー 斧 佳代子様のインタビューをご紹介いたします。